かつて多数の水上生活者がいた街「アバディーン(香港仔)」

アバディーン(香港仔)はかつて、2万人の水上生活者がいたと言われるエリアですが、今も水上生活をしている人たちは、ほんの僅かになっているそうです。

当時の写真はこちら(レトロ!)>

周りには新しい高層ビルがたくさん建っています。でもレトロな感じのジャンク船も、ところどころ停泊してるので、そのギャップが面白いですね。

あちらにもやはり高層ビル。向こう側は大きな道路で繋がってる島なので、ここは海峡みたいになってます。幅は狭いですが、結構大きな船も通っていきます。

この船はラマ島に行くようです。ラマ島旅行については、また別の記事で書く予定。

こちらは水上レストランへ行く船の乗り場です。カラフルー

ここの水上レストランと言えば、ジャンボ・キングダムが有名。(入ったことないです)この海沿いを背に幅数キロぐらいですが、アバディーンの街が広がっています。ショッピングモールや飲食店もたくさんあって、いつも人で賑わってます。

アバディーンやレパルスベイに行くには、セントラル(中環)駅や香港駅の近くにある、バスターミナルからが簡単です。アバディーンに行くには、70番のバスで行けますよ。以前ご紹介したサイトのiPhoneアプリで見ると、このバスターミナルです。