香港国際空港からバスで市内へ

今回は日本からキャセイパシフィック航空で、香港経由でバンコクへ戻ってきました。乗り継ぎはあえて時間を取って遅い便を指定し、一旦市内に入ることにしました。

預けたスーツケースは、最終目的地まで運んでもらえるので、手荷物だけ持って、いつも通り入国審査を抜けて市内へ向かいます。

急いでいる時や楽したい時は、エアポートエクスプレスがおすすめですが、大抵は安くてそこそこの速さのバスで行ってます。空港内の案内表示でバスを辿って行くと、地上階にバス乗り場があります。

自分の乗るバスがどこから発車するかも、すぐに分かります。

新界方面行きや・・・

九龍、香港島方面の案内も載っています。WEBサイトでも見れますね。

オクトパスカードを持ってるのであれば、そちらをかざして乗るのが便利です。なければ売り場で、チケットを購入します。中心部の尖沙咀などに行く時は、日中はA21、深夜はN21などです。

A21はこの向こうなのですが長い列が。でも座席数多いし、乗れなかったら次が来ます。バスは24時間、空港と市内を結んでいるので、コスパと利便性がいいですね。

レーシングカーに付いてそうな座席。スーツケース置き場もあるので、荷物多くても安心です。

関連記事