AmazonプライムとFire TV Stickのセットで体験できること

【追記】Fire TV StickのNewモデルが出ましたので、リンク先を新型に変更しています。下の写真は旧型モデルになります。

地デジを全く見ない私は、快適なデジタルライフを探して色々試して来ました。前の家はケーブルテレビ見放題の部屋だったので、それだけで良かったんですが、今住んでる家は違うのでなるべく安くて飽きないのを探したいところです。

その結果、AmazonプライムFire TV Stickが現時点では一番良さそうだということに落ち着きました。(これにHuluを加えるとなおベスト)

Amazonプライムは年会費3,900円(税込)のサービスですが、ざっと挙げるだけでもこれだけの内容が含まれています。月額にすると325円!特にFire TV Stickと一緒に使うと、かなり色々使い倒せます。

Amazonプライムの特典

そしてFire TV Stickを購入する理由は、上記コンテンツの映画・ドラマ・音楽をPCやタブレットのみならず、自宅の大画面のTVで楽しめるというメリットの為です。注文するとこんな感じの、案外しっかりした箱に入って届きます。

ノーマルなFire TV Stickにしました。他には、Fire TV Stick 音声認識リモコン付属バージョンや、Amazon Fire TVもあります。後になって、音声認識が付いてる方にしとけば良かったかなと少し思いました。Amazon Fire TVは、4K対応&ドルビーデジタルプラスも搭載してます。

この下には説明書を挟んで、付属品が入ってます。リモコンの電池も同封されてます。

接続と設定も難しくありません。わずか3ステップです。ヘルプページはこちら。Fire TV StickをテレビのHDMIポートに接続→Wifiネットワークに接続→Fire TV Stickの登録(自分のアカウントで購入した場合は完了済みで到着)

HDMIの延長ケーブルも付属しているので、もう少しきれいに纏められますが・・・とりあえず下はまず挿した状態。反対側は電源アダプタをコンセントに繋げばOKです。

設定が完了すると使い方のデモンストレーションが流れ、その後ホーム画面が表示されます。リモコンで直感的に操作できる簡単仕様です。音声認識が付いていると便利だと思うのは、検索する時に楽で速いからです。

映画やドラマは、HuluやdTVに比べると数は少ないですが、それでも右肩上がりに増え続けているようなので、今後もっと良くなりそうです。アメリカのAmazon Primeは動画数も相当ですし(年会費は日本より高いけれど)

ナショナルジオグラフィックの番組とかもあるのが嬉しい。Wifiネットワークの速度に依存はしますが、普通の光回線+WifiルータやWimaxから使うのであればまず問題なく動くと思います。画質も十分きれいです。

アプリも入れられて便利。Chromecastとは機能面では比較になりません。iPhoneやiPadの画面をそのまま映すミラーリングは、AirReceiverというアプリを入れるとすぐに使えます。Youtube、Hulu、dTV、Red Bull TVのアプリもありました。全画面でばっちり見れます。Apple TVもいいかもしれないけど価格が高いしですね。

ミュージックはプレイリストも用意されていて、かなり良いです。例えば・・・ドライブで聴きたいEDM、朝のランニング用ポップス~ミドルテンポ、仕事がはかどるアンプラグド・ポップス、寝苦しい夜に寝ないで聴くR&B、などなど。

山ほどあってすごい量です。もちろんアーティストのアルバムも多数!Youtubeから良質のを探しだすのは面倒だったりするので、これは使えますね~

しかもiPhoneやiPadに、Amazon VideoAmazon Musicのアプリをインストールすると、映画・ドラマ・音楽をダウンロードできて、オフラインの時にも再生できます!(Androidアプリもあり)新しい映画などはレンタルしたり購入したりも簡単。

もはやAmazonプライムは、入らないと勿体無いってぐらいな気がします。Fire TV Stickも間違いなく買って良かったと思える製品でした!

Amazon.co.jp(アマゾン)