バリ島の癒し系スポット「バリ・バードパーク」(その1)

バリ島の観光スポットでも知名度はやや微妙な、バリ・バードパーク。しかし数年前に、シンガポールのジュロン・バードパークに行ってとても良かったので、こちらもいつか行こうと思っていました。

ということで、いつもお願いしているドライバーのワヤンさんに、バードパークに行くと言うと、まあそんなに広くないですけどね~的なコメントが返ってきて少し不安に。(ワヤンさんは、この近所のスカワティ在住)

そして入口から入って、右手のチケットカウンターへ行くと、USD25という入場料で、予想外の出費・・・(下調べしていなかった)※バリの物価では高め。ドルがない場合は、31か32万ルピアだったと思います。ルピアでの支払いは、当日の為替レートで変化するかも。

でも園内は緑があふれてて、パークというのに相応しいです。オウムと触れ合えるコーナーに到着しました。賢そうな子がまずいました。

その隣の人懐っこいけど、ちょっと落ち着きがない子たち。欧米の人たちが、がしがし撫でてました。

21635079上の鳥たちはビッグサイズだったので、少し小さめの子を触ることにしました。

大人しくてかわいいです!頭をかいてあげると喜びます。

他にもカラフルなオウムがたくさんいます。

中はこのように、鳥の生息地・国や地域ごとに分かれていました。

普通に植物園としてもいけそうなほど、南国の植物が茂っています。

緑が多くて歩いてるだけで、結構癒やされますよ。

鳥の名前は、日本語表記もあって分かりやすいです。この鳥が気に入りました。あまり動かなくて、遠い目をしていたかと思うと・・・

次の瞬間には寝ているという・・・マイペースなインコ。

写真が多いので、その2へ続きます。

関連記事