バンコク・スワンナプーム国際空港から市内へのタクシー移動

私はいつも、スワンナプーム国際空港-バンコク市内の移動は、速くて安いエアポートレールリンクを使っていますが、今回はバンコク到着が深夜だったので、久しぶりにタクシーを利用しました。

以前ニュースで見て、タクシー乗り場に変化があったことは情報として知っていましたが、今回初めてキオスク端末を使いました。

到着階からタクシーの案内標識方向に従って1階へ降り、外へ出るとPublic Taxiと書かれた場所があります。

上の写真では少し分かりにくいので、拡大すると・・・端末がありますね!係員の人がいて、ボタンを押してと言われるので押すと、レシートが出てきます。

そのレシートに番号が書いてあるので、その番号のところに待機しているタクシーのところへ行き、レシートを見せてホテルの場所を言えばOKです。

タクシーに乗ったらメーターが動いていることを確認(まず使ってくれているはずです)何も言わなければ普通は、高速道路を使って市内へ向かいます。

高速道路は2回料金所を通過し、確か45バーツ+25バーツの計70バーツです。料金合計は、メーター料金(180-230バーツ)+空港使用料(50バーツ)+高速代(70バーツ)=300-400バーツ位になると思います。

ホテルの場所により、メーター料金はもちろん前後します。アソークやマッカサンなどは安く、シーロムやフアランポーン、リバーサイドなどのエリアへはやや距離があるので、高めになってくるでしょう。

たまに到着した時、上記より高い料金を言ってくるドライバーもいますが、相当辺ぴな場所や迷いまくったりしない限り、500バーツを超えることはないと思います。

チップは基本的には必要ありませんが、ちょっとだけ切り上げて渡すとドライバーの方も喜んでくれるし、気持よく旅行できる気が個人的にはします。(バンコクはタクシー料金が、世界的に見てもかなり安い都市ですし)

あとこれは海外ではどこでも共通と言ってもいいかもしれませんが、出来れば女性一人での、深夜早朝のタクシー利用は控えた方が無難だと思います。以上、現時点で最新の、バンコク・空港-市内移動のタクシー事情でした。

関連記事