エラワン廟・爆発時のバンコク市内

昨日8/17(月)バンコク現地時間18:56頃、ラチャプラソン交差点前のエラワン廟で大きな爆発が起こり、TVでも大々的に報道されています。

バンコク屈指の巨大ショッピングモール、セントラルワールドの斜め前という事で、事件当時も多くの目撃者がいた模様です。

まだ検証が進められている最中ですが、テロの可能性が高く容疑者と見られる人物を警察は追っているようです。

20人を超える犠牲者(観光客含む)が出ていると報じられており、タイ・中国・香港・シンガポール・マレーシア・フィリピンの方々が亡くなられたとの事で、大きなショックを受けました。

願い事が叶うと有名なヒンズーの祠で、地元タイの人はいつもお祈りをしている場所、BTSの高架通路を通る人も、手を合わせて通っていくのをよく見かける寺院です。楽団や舞踏団の人も常駐しており、花売りの人もいます。

スクンビットの目抜き通りで、観光地にもなっている場所という事もあり、驚きと衝撃は相当なものでした。※下の写真は今年4月に訪れた際、BTSの高架通路から撮ったものです。この写真では人は少ないですが、毎日数千人が訪れると言われてます。

私はちょうどバンコクに滞在していて、この時間はシーロムで食事をしていました。同じ通り沿いですが1.5kmは離れているので、音などは聞こえませんでした。

ただ大渋滞で車が余り動いておらず、救急車やパトカーが何度も行き来していたので、何があってるのだろうと不思議に感じていました。(後で友人からの連絡で知りました)

前日の8/16にはバンコクで、Bike for MOMというイベントが行われて、自転車が車道を走り車は渋滞という状態だったので、このイベントが今日も行われているのかと思っていました。(実際には8/16の一日だけだったのですが)

直後はMRTが大混雑し、切符を買う人の列が見たことがない位長くなりました。またMRTの改札前の荷物チェックの係の数が増えたり、警察官があちこちに立っていたりしましたが、あとはいつものバンコクでした。

また海外メディアも報じていますが、2回目の爆発がサトーン橋付近で起こり、動画も出ています。※水中爆発した為、被害者は出ていません。

折角落ち着きを取り戻した様に見えていたバンコクですが、今回の事件が起こったことにより、タイの観光・経済に大打撃を与えることは必死です。

声明は出ていませんが、全く関係のない罪のない大勢の方々が犠牲になった事は遺憾で、早く平和を取り戻してほしいと願っています。

関連記事