新しいバンコク市立図書館へ行ってきました(Bangkok City Library)

今年の4月にオープンした新しいバンコク市立図書館。黄色っぽい外観の建物です。場所はカオサン通りのすぐ近くでした。タイ語のみですが、公式サイトはこちら

出来たばかりなので中はとても綺麗です。正面から入ると受付があり、外国人だとこちらでパスポートを預けるようでした。セキュリティのゲートがある為だと思います。荷物は近くにある荷物預かりに渡します。飲み物や食べ物の持ち込みは☓のマークがありました。下の写真は奥から入口側を見たところ。

このフロアはタイ語の本だけでなく、英語の本も結構ありました。旅行関係や料理関係のカラーの大判の本なども並んでいます。新しいロンリープラネットなどもありました。

窓側の席からは外の通りがよく見えます。電源やWifiもあるので、PCを持ってきてる人もいました。

こちらはマガジンコーナー。

ところどころにアートな雰囲気。カフェもあります。日本語の本は見かけませんでしたが、もしかしたらあるのかもしれません。ほとんどはタイ語と英語の本です。

フロアは3階までありました。2階は外国語コーナーやキッズコーナーのような場所も。本は準備中の棚も多かったように思います。まだプレオープンなのかもしれませんね。下の写真は上の階ですが、とても落ち着いた雰囲気。図書館にしてはかなりお洒落です。

オールドタウンの地区にあることも考慮してか、レトロモダンのようなちょっと懐かしい感じもあるいいデザインです。3階にはタイ王室に関する本が充実しています。

新しくて清潔なのはいいですが、タイ特有の冷房効きまくりな館内なので、長袖はあった方がいいです。半袖だと3時間ぐらいが限界でした。上の階などは人も少なめで、静かに勉強してる人たちばかりです。

エレベーターもありますが、階段もお洒落!手すりもアジアン。入口のガラスには開館時間が書いてありました。火曜から土曜は8時から21時、日曜は9時から20時、月曜と祝日は休みとのことです。しかし将来的には24時間オープンの図書館になると聞きました。これはなかなかないですよね!

本を借りる為の年会費は大人25バーツと格安。現在は約4万冊の本が置かれていますが、寄付などによる10万冊の本を受け入れるスペースがまだあるそうです。スクンビットからはちょっと遠いけれど、美しい図書館でした。