バンコクからパタヤへ移動はバスが安くておすすめ

バンコクからパタヤに1泊で行ってきました。パタヤはバンコクからも近いリゾート、そしてナイトライフでも有名な街で、165kmほど離れています。バスかタクシーで行くのが主な移動手段になります。今回は1人なのでバスで行きました。

まずBTSエカマイ駅で降りて、エカマイ・バスターミナルに向かいます。前にサメット島に行くときも使ったとこですね。正面から入って真っ直ぐのところにパタヤーと呼び込みをしてる人がいますが、これはロットゥーなのでスルー。正面から右の方にパタヤ行きのバス窓口があります。写真に収まりきれてないですが、この窓口で料金は片道108バーツとお手頃です。

時間が少しあるので売店で飲み物を買っていると、構内にはきれいなコインロッカーが出来ていました。大きいサイズもあるようです。パヤタイ駅のエアポートリンクを降りたところにも新しいコインロッカーを見かけましたが、最近バンコクではコインロッカーも増えてきているようです。

パタヤ行きのバスは手前の1番乗り場から出発します。バスが停まってたので乗ろうとすると、どうやら自分が乗るバスは次のバスだったようです。20〜30分ごとぐらい比較的頻繁に出ています。

チケットにはバスの番号や座席が書いてあります。

そしてバスは出発して、しばらくBTS沿いを走ります。プラカノン、オンヌット、バンチャックの方向です。トイレ休憩は特になかったです。エアコンも効いてるので、薄手の長袖もあると安心。2時間半ぐらいだったと思いますが、パタヤに到着!下はパタヤのバスターミナル。

乗ってきたバスはこちら。バンコクーパタヤ間は早朝から深夜まで便があります。

バスが到着するバスターミナルはノースパタヤです。中心部までは少し距離があるので、ソンテウで移動しました。バスの停車場所のすぐ近くにいます。人数が揃って出発になりますが、大抵すぐ揃います。それぞれのホテルの近くで降ろしてくれるようで、1人50バーツでした。

タクシーでパタヤまで来ると1500から2000バーツぐらいするようなので、数人でシェアするならいいかもです。でもバスは何より安いですし、本数も多く乗り心地も普通に問題ないので、バンコクからパタヤ間はバスでの移動がおすすめです。日帰りも可能ですよー