バンコクからサメット島へ!エカマイバスターミナルからバンペー船着場

サメット島に行くきっかけ

バンコクから1泊2日程で行ける島(ビーチもあるところ)を探していて見つけたサメット島。島全体が海洋国立公園に指定されているようです。プーケットやサムイは日程や価格的にちょっと・・・と思っていたところなのでちょうど良かった!

島へ行った人の評判も良さそうだったので、行ってみました。バスと船を乗り継ぎますが、行き方はそれほど難しくありませんでした。

バンコクからのアクセス

出発地点のエカマイバスターミナルは、BTSエカマイ駅の2番出口近く。2番出口からトンロー方向を見ると、セブンイレブンが見えます。この写真のエスカレーターは上りなので、反対側の階段を下ってセブンの方へ。

セブンイレブンの前に来ると、こんな建物がありここがバスターミナルです。正面入って左側にサメット島行きバスのチケット売り場がありました。

バスとボートのセット料金!

カウンターの紙に料金が書かれてました。往復チケットは、バス代・292バーツ、ボート代・100バーツの合計392バーツでした。以前より料金は上がってるそうですが、リゾート地に行くにしてはお手頃!

【2017年6月25日/追記】昨日の夜カウンターに寄ってみるとこの貼紙はありませんでしたが、バス代・片道151バーツでした。つまりバス代・往復302バーツ+ボート代・往復100バーツで、合計402バーツが現時点の最新料金です。

サメット島行きは23番乗り場でした。売店の右側辺りです。

時刻表付きチケットをもらいました。便は結構ありますね~ 右上に座席番号が書いてあるので、そこに座ればOKです。

自分が乗ったバスでは、タイ語・英語・ドイツ語が聞こえてました。サメット島はバンコクの地元の人も、週末などに訪れる島だそうです。一応、日帰りも可能な絶妙な距離です(でもきついので1泊するのがおすすめです)

バンペーの船着場

そして3時間半~4時間位乗ってて、ラヨーン県のバンペーに到着!バスが停まる場所の向かいにあるコンビニの横を通って船着場へ。ヌアン ティップ ピアーって書いてあります。青空がきれい!この横には雑貨やお土産を売っている、結構大きな市場もありました。

ちょうどお昼過ぎだったので、角にある食堂で昼ごはん。

そして船着場に向かうとチケットカウンターがありますが、エカマイで買ったチケットを渡すとスタンプを押してくれます。次は桟橋からボートに乗って、いよいよサメット島です!

サメットのおすすめホテルは?

ビーチに近くのんびりした雰囲気、レビューも良いホテルをピックアップしました。

アヴァタラ リゾート



Booking.com

ラリッサ サメット リゾート



Booking.com

アオ プラオ リゾート



Booking.com