ロンドンの観光名所「ビッグ・ベン」

イギリス・ロンドンの代表的な観光名所として、まず思い浮かぶ場所の一つは、英国国会議事堂上の時計塔・通称「ビッグ・ベン」ではないでしょうか。

※2012年に正式には「エリザベス・タワー」と改められました。その歴史や詳細については、こちらのページにも詳しく書かれてます。

私は前回の記事のとおり、ランビス橋の方に着いてたので、そちらから歩いていきました。よくガイドブックなどに載っている写真とは、思いっきり反対側からアプローチしているようです・・・

近くで見ると建物の装飾も素晴らしかったです。

おおー、だいぶ近づいてきたと思って撮ったら、柵の方にピントが合っていました(笑)見事なまでに霞んだビッグ・ベン。

ウェストミンスター宮殿とともに、通りを挟んで向かいのウェストミンスター寺院も世界遺産となっているそうです。(下の写真はまたその隣の、聖マーガレット教会)

そしてようやくほぼ真下へ着きました。存在感抜群!

近くにあった銅像も一緒に撮りました。ちょうど天候も良かったし素晴らしい!

イギリスに行った!的な写真が撮れて満足だったので、まだまだ歩きます。ロンドン・アイもさらに近くに。でも乗らずに、トラファルガー広場へ向かいます。