ロンドン・大英博物館

あまり予定を立てずに到着したロンドンですが、世界最大級の博物館、大英博物館には必ず行こうと思っていました。

ピカデリーサーカス駅から乗り、ラッセルスクエア駅で降りました。広いラッセルスクエア(公園)も散歩。下は博物館前の通りです。

パルテノン神殿を連想するような、堂々とした造りの正面入口です。この写真の並びだと何の問題もなく着いたように見えますが、実はラッセルスクエア駅方向から来ると裏の方が近く、私は小さな出入口から入場してしまいました。

どう見ても裏口な扉から入って、中をある程度見てから正面に出てきた・・・やはり適当に旅をしていると、こんなこともある。

大英博物館はとにかく広大で、展示数も膨大です。事前に計画を立てて見たいゾーンを決めておくと、より楽しめそうです。※サイトは日本語対応しています。「ご来館の計画」を参照。

写真も本当にごく一部ですが、雰囲気が少し伝わればと思います。館内は何と写真撮影OK!

巨大な展示品も多数あって、見応えがあります。子供もたくさん来てましたが、小さいころからこのような貴重な世界の歴史や文化に関わる展示品に触れ合えるのは、とても良いことだと思います。

エジプト、アッシリアなどのゾーンです。

古い時代のものだと思いますが、保存状態も良さそうです。

教科書や本で見たことのある展示品も、実物を見ることができます。

建物に同化していました。

手元の写真は少ないのですが、アフリカのゾーンは個性があり自然を利用して制作されたものなど、面白い展示品が多かったです。

好きな人は何時間でも、何日でも通えるかも。

カフェやレストランもありました。下は途中で休憩したホールのような場所です。タイムスリップしたかのような、素晴らしい時間を過ごすことができました。