バッキンガム宮殿とヴィクトリア記念堂

次の日の朝は、まずバッキンガム宮殿に向かうことにしました。宮殿からやや離れてますが、ロンドン・ヴィクトリア駅の朝の雑踏。

宮殿はとても大きく、荘厳な雰囲気。エリザベス女王の公邸で、公式行事でも度々用いられる重要な場所です。

世界中から観光客が集まっていて、宮殿や衛兵の写真を撮っています。衛兵さんは流石、直立不動でかちっとしていました。

そして宮殿の前にはヴィクトリア記念堂がありました。周辺は緑に囲まれていて、気持ちが良いです。

記念碑の上には金のエンジェル。

馬車も見かけました。かっこいい!

バッキンガム宮殿は毎年夏の一時期、一般開放もされているようです。この時はタイミングが合わず残念。でも外観だけでも見れて嬉しかったです。

天気が良かったので、テムズ川まで歩くことにしました。下はバッキンガム・ゲートという通りですが、整った街並みが続きます。

バーや赤い公衆電話ボックスもあり、これぞロンドンな感じ。