サムイ島のチャウエンビーチと「バーン タレイ リゾート」のカフェ・レストラン

今回はバンコクからサムイ島パンガン島への旅行記です。バンコクからサムイ島へのアクセスは、飛行機/バスとフェリーなど。飛行機が最も速くて快適、スワンナプーム国際空港からタイ航空とバンコクエアウェイズが飛んでいます。

フライト代は往復25000円前後ですが、JALがディスカウントマイルキャンペーンをしていたので、5000マイルを使ってバンコクエアウェイズで行けました。これはお得だと思います!

初日の宿泊はチャウエンビーチ沿い、サムイ空港のシャトルバス(乗合いのミニバン)で、130バーツでした。それぞれのホテルやゲストハウスで降ろしていってくれます。

チャウエンのストリートは島で最も賑やかな場所ですが、午前のビーチの人は多すぎず少なすぎず。ビーチに面してリゾートホテルが並んでいます。

サムイ島はココナッツアイランドと呼ばれるほど、やしの木が多くここにも高い木が生えていて南国ムードは抜群。(山の方はもっと多い)

レゲエな色合いの旗が目立つ!

海は晴れていると結構きれいに見えます。少し前に行ったサメット島と比べるとどうでしょう、少しの差でサメット島の方かな?(場所や天気にもよる)

しかしサムイは島自体が大きく(タイで3番目)、世界的なリゾート地でもあるので、適度な賑やかさや便利さもほしい人にはちょうど良いのかもしれません。

しばらく歩いてから近くにあった、モダンなカフェ・レストランで休憩にしました。

ここはバーン タレイ リゾート(Baan Talay Resort)というホテルのレストランでした。リンク先で写真を見ることができますが、インテリアのセンス、プールやロケーションもとても良かったです。



Booking.com

Agodaで予約 Booking.comで予約

ここからの眺めと三角枕のセットは素晴らしいです!マンゴースムージーも美味しい。

着陸のため高度を下げてきた飛行機が小さく写ってます。青と白の旗がなびいていて爽やかです。

なかなか広さのあるビーチ、後日向こうのビューポイントにも行きます。この辺りにはバナナ ファン シー リゾートセンタラ グランド ビーチ リゾートOZO チャウエン サムイチャウエン リージェント ビーチ リゾートなど、良いホテルがたくさんありますね~

南国の雲はいつもエキゾチック。

下の写真はこの日撮った中でも気に入っている写真です。

サムイはダイナミックな自然も満喫できる、まさにリゾートの島でした。

関連記事