シテ島・サン=ルイ島周辺を散策

ポンデザールから見えていた、シテ島とサン=ルイ島も歩いてみました。以前、シテ島・サン=ルイ島付近の色々な「お店」という記事を書きましたが、今回はその他の写真です。

1枚目はメトロ・シテ駅の近くには、植物を売っているお店が集まっていました。

セーヌ川沿いは木がずっと並んでいて気持ちが良かったです。この2つの島も、世界遺産の登録エリアの一部に含まれているようです。

こちらはサン=ルイ島ですが、外周は緩やかなカーブを描いていて、向こう側から見ると、大きな船が浮いているようにも見える島でした。セーヌ川の水面から道路や建物までは、少し高さがあります。

島の中は細い路地が、幾つか通っています。パリの中心部ですが、少し中に入ると静か。

少し歩くとまた別の橋が出てきます。Googleマップで見ると、両方の島で15箇所はありそうです。

ここは何通りなのか、さっぱり思い出せません(笑)でもノートルダム大聖堂の上の方が見えるので、かなり近くなのは確か。

島の中にもありますが、セーヌ川を渡って、サンジェルマン大通り方向に近いエリアは、レストランやカフェも多かったです。

パリは建物が皆似てるので、通りの名前を見ないと迷ってしまいそうですね~

シテ島といえば、ノートルダム大聖堂。これは後で知ったんですが、らせん階段登ればよかった!キマイラの回廊というところに行きたいです。

川辺に降りて休んだりしつつ、歩きまわりました。

シテ島から地図で言うと少し上の辺りに、パリ市庁舎(Hotel de Ville)がありますが、ここも歴史を感じる趣のある建物でした。翌日はまたまた、モンマルトルへ行きます。

関連記事