バンコクのフードコート【その1】「ピア21 フードターミナル」

バンコクを長く旅するので節約したい方や、B級グルメ的なものにチャレンジしたいが、屋台はちょっと勇気がなくて・・・という方にもおすすめなのが、フードコートです。

大抵のショッピングモールには、必ず併設されているので食べ比べても楽しいです。安い・美味しい・清潔という、三拍子揃っているのも嬉しいところです。たくさんあるのですが、まずはターミナル21の5階、「ピア21 フード ターミナル」をご紹介します。

こちらは他のモールのフードコートに比べても、価格が安めで、お店の数も豊富で個人的にお気に入りです。フードコートの利用方法ですがこれは大抵どこも同じで、下記のような受付カウンターがあり、自分の使う金額を渡すとフードコートのカードをもらえます。

このカードに金額がチャージされているという仕組みです。(食事が終わって残金がある場合は、受付でカードを出すと返金されますし、また来る時は持ってきて追加チャージも可能でした)

あとは自分の好きなお店に行ってオーダーするだけです。どこのお店も上の方に、メニューの写真と金額が載っています。タイ語が分からなくても数字と英語が振ってあるので、「No.1」とか「チキンライス」等で伝えれば、お店の人もすぐに分かってくれます。そして料理を受け取る時に、お金の代わりに先ほどのカードを手渡せばOKです。

このようにお店によってディスプレイもそれぞれ異なります。また、下の画像の右に見えているのは、フードコート奥のカウンターになります。こちらの方が、先に出てきたカウンターより空いていることが多いです。

マンゴーも日本より、ずっと安く食べることができます。山盛り!!

ここは席数もかなり多い方なので安心です。但しお昼時は近くのオフィスの方々もどっと来ますので、結構な混雑になります。可能であれば少し時間をずらすと、落ち着いて食事できます。

窓側は見晴らしも良いです。でもやはり人気の席でこちらから埋まっていきます。

それぞれの料理の量はやや少なめ位なので、2・3品頼んだり、数人でシェアしてもいいですね。一例ですが、下の麺は30バーツ(約95円)ほどです。大体一品・30-60バーツ位の、お得な価格帯が多いです。


少し写真がブレてしまいましたが、ドリンクのお店も人気です。
こちらはフルーツをシェイクしてくれます。
約25-50バーツでオーダー可能です。

タイ料理・中華系の店舗がたくさん入っているので、辛いタイの食事が好きな方や、色々なバリエーションを試して見たい方にもおすすめです!