フィレンツェの路地・その2

フィレンツェの路地の続き、その2です(縦長の写真多め)ここはほとんど壁のすっきりした静かな路地。

一方通行の標識はイタリアも同じようですね~自転車がたくさん路駐してあります。

車一台がぎりぎり通れるかなって位の、細い道も多いですね。

ここは路地というか、中々人通りも多いとこでした。アルノ川沿い、ポンテ・ベッキオの近くです。

ヴァザーリの回廊の下です。お洒落なデザインだし、雨の日は濡れなくていいですね。

アルノ川の向こう側の地区に来ました。フィレンツェには美術館も多いので、イベントのポスター等をよく見かけました。

そして一番お気に入りの路地の写真はこちら!映画に出てきそうな、これぞイタリアという雰囲気が素敵です。

やはり絵になる街並みです。黄色い壁の家もよく見ますね~観光スポットから少し外れると、静かな場所も多いです。

ピッティ宮殿のところに着きました。堂々としたルネッサンス様式の大きな宮殿です。先ほど出てきたヴァザーリの回廊は、ここからウフィッツィ美術館まで伸びています。

ちょっと歩き疲れたので中には入らず、前の広場で休憩です。

しばらく休んで、また大聖堂方向に戻ります。路地に入り込んでも、目印になる高い建物があったりするので、意外と大丈夫でした。

関連記事