旅してよかった世界の都市【その3】香港

何となく始めたこのシリーズ・その3は、メジャーすぎる観光地ですが、香港。私にとっては2回目に訪れた海外の土地でもあり、その後は最も多く行っている場所です。

乗り継ぎに便利なアジアのハブ・香港国際空港があることや、近すぎず遠すぎず、約4-5時間のフライトで行けることもあり、年に1-3回は行く好きな都市です。

コンパクトな街ですが、そびえ立つビルが圧巻のダイナミックな風景、カオスな旺角、ビーチのある浅水湾、国際色豊かなSOHOなど、多様性も魅力です。(香港の人もいろいろ!)世界のどんな都市とも異なる感じがします。

めずらしく快晴のヴィクトリア・ピークからの景色。山頂行きのトラムはアトラクションの一部のようで楽しめます。

香港仔/アバディーンも実に香港らしい場所です。

爽やかな海辺の、赤柱/スタンレー。

元イギリス領だったので名残が感じられる建物もあります。香港島は坂が多いですが、写真映りがいいですね~

40階に泊まっても向かいのお部屋のTVが見えたり。これも香港ならでは。

映画に出てきたり、ウエディングドレスの人がよく撮影をしていたりする、有名な階段です。

でも近くには、古い街内も共存しています。B級グルメの宝庫!

雀鳥花園の渋いおじいさん。鳥籠を片手にキマっています。

本土側では、くずれそうな建物も現役で頑張っています。信じられないほど古い高層ビルを見て、いつも心配になります。(下のビルはいい方ですね)

夜のシンフォニーオブライツも名物です!

何度行っても面白い香港です。空港-市内が比較的近いのもいいですよね。(住むのは大変そうなので、旅行がいい・・・と思ってます)最近は近くのボートで行ける離島を回っています。そのうち別の記事で書きたいと思います☆