香港の街並みを渣甸山から一望

渣甸山(Jardine’s Lookout)に来ています。ここがどれくらい知られているのかは分かりませんが、ヴィクトリア・ピークより間違いなく知名度は下だと思います。

ヴィクトリア・ピークは香港100万ドルの夜景を見る場所として、世界からの観光客がまず訪れる名所。そしてピーク・トラムという便利な乗り物があるので、楽に登れます。

それに比べここは徒歩で登るしかないし、標高も522mのヴィクトリア・ピークより低い。(433m)つまり香港トレイルとウィルソントレイルを歩く人がほとんんどじゃないかなーという場所です。※マンションの向かいに車を停めて、歩いてくる観光の方もいるよう。

ただ結構自然なままの山頂なので、手前に植物が見えていてその向こうに都会の景色が広がっているという、自然と人工物のコントラストを楽しめるという点では面白いかもしれません。

天気や訪れる時間帯によっては、かなりドラマチックな写真も撮れそうな気がします。

街中は狭くて密集してますが、自然に囲まれているのは上から見るとよく分かります。

そして先ほどは雨が降っていましたが、山頂にいる間にちょうど止みました。(気持ち明るくなった程度ですがw)下は多分この日一番天気が良かった時。結局この日は晴れることなく、最後はまた猛烈な雨に見舞われるのでした。

山頂でたくさん写真も撮って休憩したので、香港トレイルの続きを歩きます。

前方には山を削って開発している場所が現れました。あの削ってある縁の尾根を進んでいくルートです。

右側にはダムなどが見えています。

高い木がないので本当にダイナミックな風景の中を歩けるのがいいですね!ここは歩いていて気持ちが良かったです。この下りの次はまた上りの階段が現れます。