アソークのカムティエンハウス・ミュージアム(カムティエン夫人の家)

カムティエンハウスという名前はガイドブックで見かけたことがありましたが、アソークにあるとは思っていませんでした。先日、Black Canyon Coffeeに寄った時、横にKamthieng Houseというサインがあったので、行ってみました。Black Canyon Coffeeのすぐ右手に、こんな入口があります。

中に入ると、芝生の空間と建物が数棟。ターミナル21のすぐ近くです。

奥の建物に行くと小さな受付がありました。ちょっと日本語が変なパンフレットも。

昔の道具などが展示されています。

博物館系が好きな人には面白いかもしれません。(私はちょっと興味がうすい・・・)

高床式の北タイ家屋の形式になっていて、上の階にはこんな展示物があります。チークの床なので、以前にアユタヤで泊まった、Luang Chumni Villageを思い出しました。

当時の食卓の様子かな?

少し離れた場所から見ると、こんな建物です。

ジム・トンプソンの家に比べると、見どころは少ないですが、この建物の雰囲気やランナーに興味がある人向けかもしれません。個人的には同じ100バーツの入場料なら、ジム・トンプソンの家の方が面白かったかなーと。

でもアソークでアクセスが良く緑も多いので、ちょっと立ち寄るのもいいかも。Black Canyon Coffeeも、ほぼ敷地っていうぐらい隣なので、帰りに休憩も可です。