ベルン旧市街の大通り

泊まっていたユースホステルは、アーレ川沿いの低地にありましたが、お店などがある旧市街の方は、少し小高いところに集まっています。

坂を上っていくと眺めの良いところがあったので、写真を撮りました。緑も多くてきれいな街です。手前の橋、右側あたりがユースホステルのある場所。

また少し歩いて、旧市街の大きな通りに近づいてきました。

地図で見ると、クラムガッセという通りだと思います。石造りの歴史を感じる街並みです。両側にはお店が並んでいますが、雨でも濡れずにショッピングが出来ます。

こちらは観光名所でもある時計塔。ツィートグロッケ・トゥルムと呼ばれていて、塔に時計が取り付けられたのは何と1530年!スイスで最も古い時計塔の一つだそうです。

ショーウィンドウの中に、通りを見ているワンちゃんがいました。ビーグル犬かな?

この通りには、アインシュタイン・ハウスもあります。しかし横にある、地下に行けそうな斜めの扉も気になる。

この階段の上が、記念館になっている部屋のようです。特殊相対性理論などの論文を発表した時期に、3年間を過ごした部屋だそうです。

写真の右側にも見えますが、あの有名なE=mc2の式も貼ってありました。ここにアインシュタインが・・・と思うと、ちょっと感動です。

スイスと言えば時計!お店もよく見かけますよ。

ベルンには100ヶ所以上の泉(水飲み場)が残っているそうです。

遠くからも見える、大きな大聖堂。

次回はきれいな街並みの写真を、もう少し載せていく予定です。

関連記事