モンマルトルの丘・画家も集まるテルトル広場

前回の記事で出てきた階段の上には、エスパス・ダリ・モンマルトルというダリの美術館。今だったら確実に入るんですが、この時は素通りしてしまいました。

こちらから来ると広場へは、プルポ通りやノルヴァン通りという小道を進むんですが、レストランやお土産屋さんが並んでいて、見ているとついゆっくり歩きになります。

センスのいい小さなお店もありますよ。

広場の中とその周辺は、カフェも多かったです。

テルトル広場に着きました。小さな広場ですが観光客でとても賑わっています。ピカソ、ユトリロ、ルノワールなどの著名な画家も、このモンマルトルの丘で暮らしていたそう。

画家の人たちに、自分を書いてもらうこともできます。

こういった小さな作品も販売されているので、パリの思い出に購入するのもいいですね。広場は人が多いですが、雰囲気も含め楽しめる場所でした。

広場を通り過ぎると、サクレ・クールが近づいてきます。華やかな衣装の人を見かけました。

遠くにはエッフェル塔、パリに来てるんだなという風景でした。