サンタ・マリア聖堂周辺、コルドナータ

今度はヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂の裏手にある、アラコエリのサンタ・マリア聖堂のところに戻ってきました。ここは幅も角度も違う2つの大きな階段が、両方向から伸びてきている面白いスポットです。

向かって左のサンタ・マリア聖堂の階段は、段数も多くやや急になっています。サンタ・マリア聖堂の中は入ってないんですが、Googleマップのフォトツアーで見ると美しいですね。

右側のこの一帯はコルドナータと呼ばれていますが、階段と言うより坂のような感じです。この時は知らなかったのですが、階段・上の広場・建物は何とミケランジェロの設計だそうです!(ちょっと嬉しい)

※映画は見てないけれど、こちらのページにも情報が載ってました。 ローマの名所もたくさん出てくるみたいですね。

聖堂の近くにはこんな銅像も建っていました。うーむ、ちょっとこわい感じに写ってしまいました。

よく見かけたこの形の木は、何だろう??結構独特だと思うのですが・・・

ローマはどこも絵になりますねー

フォロ・ロマーノの方に降りてきました。

遺跡にかなり隣接した場所に教会がありました。この写真の中だけでも、様々な時代の建築物が共存しているんでしょうね。

向こうにはトラヤヌスのフォルム、立派です。

立体感もすごい!古代ローマの建築技術は、当時世界的に見ても群を抜いていたんではないでしょうか。