シーニゲプラッテ山頂の眺め(その1)

登山電車に乗って、シーニゲプラッテの山頂(1967m)まで来ました。でも駅舎の上には小高い場所もありますねー どの地点で計測してるんでしょう??

駅周辺からの眺めは素晴らしい!今まで徒歩で登ったことのある山は900m程だったんですが、その倍の高さに、電車で来てしまいました。

道路の横に雲って、不思議な感じです。

シーニゲプラッテは、アイガー・メンヒ・ユングフラウという3名峰の正面に位置しており、ベルナーアルプスを一望できる人気の場所だそうです。(スイス政府観光局のページ)この時は雲がかかってますが、後で見えたのでその写真はまた後の記事で~

下の方に線路が見えました。山に張り付くように敷設されていて、ここから見ると細く見えますね・・・

そしてここにはレストラン・ホテルもありました。すごい場所にと思いますが、鉄道が敷設される前から建っているそうなのでさらに驚きです。レストランからの眺めも後々出てきます。(シーニゲプラッテ山岳ホテル

【追記】※現在は改装されて新しくなっているようです。

下に戻っている電車の写真も撮れました。プラモデルみたいに見えますが、本物です!

あの山はxxでxxメートルというのを確認できるボードも設置されていました。

雲の流れというか動きもとても速く、自然の雄大さに圧倒されます。ちょっと雪山も見えてますね。

山頂にあった山小屋にはTeddyの記載がありますが、シーニゲプラッテはテディランドの愛称で親しまれているそうです。写真が多いので、その2へ続きますー