シンガポール動物園(その1)

年末まで以前のヨーロッパ旅行を書いていましたが、その後行った、シンガポール動物園について書きたいと思います。シンガポールに行くのなら、必ず寄って頂きたい!位オススメです。

相変わらずリアルタイムに、ブログが追いついていませんが、そのうち追いつきたい・・・こちらはシンガポールの玄関口、チャンギ国際空港。近代的なデザインの空港ですが、こんな場所もあって快適な空港です。

鯉が泳いでいたり、植物が茂ってたりします。シンガポールは緑化政策が進んでいる国ですが、空港からそれを感じますね。

シンガポール動物園の概要や、アクセス方法については、動物園公式サイト政府観光局のサイト(日本語)をご参照下さい。

私はMRTからバスに乗り継いで行きました。下は園内にあるMAP、とても広大な動物園です。

この動物園が世界的に有名な理由の一つに、「オープン・コンセプト」の設計であるという点があります。

檻や柵を設けず、水路や植物を上手く利用して安全を確保しています。自然の生息環境に近い状態で動物を見ることが出来る、稀な動物園です。

動物との距離も近く感じますね(カンガルーのいるところなどは、中を通って行けちゃいます)

こちらは希少で人気の高い、ホワイトタイガー。かっこいいです!

また私が行った時は、ちょうどゾウのショーが行われている時間でした。長い鼻で丸太を持ち上げて・・・

水の中へ!迫力があります☆

その後は自分も入って拾いにいったり。

2頭で運んだり。他にも倒れたふりした仲間を起こしにいったりして、
本当にゾウは頭がいいなと感心しました。

さらに歩いていると、こんな看板もありました。小さなお猿さんとかもよく頭上にいたりするので、直接触らないようにってことでしょう。

そして特に人気のスポットでもある、オラウータンのエリア!色々遊べるように、木も組んであるんでしょう。

この時は知らなかったんですが、オラウータンと一緒に朝食!や写真撮れるツアーもあるようです。面白そう!しかしこの下の写真、上にいる子は何で葉っぱを頭に?(笑)

次回その2へ続きます。