【バンコク】スネークファームの赤十字病院で予防接種を受けてきました

バンコクでの予防接種について

今後海外に居る期間が長くなりそうなので、予防接種を打っておくことにしました。これまでこういった点は実はあまり気にしてなかったのですが、打っておくことに越したことはありません。 ※参考:厚生労働省検疫所 FORTH 海外渡航のためのワクチン

受けようと思った時はすでにバンコクにいましたが、調べてみると実はバンコクの方が安く早く受けられるようです。それがスネークファームの赤十字病院でした。(サオワパー王妃記念研究所)世界一周する人やバックパッカー御用達の病院で有名なようです。

平日/8:30ー16:30、土曜祝日/8:30ー12:00、日曜は休みとなっています。最寄り駅はMRTサムヤン駅です。(BTSサラデーンやMRTシーロムからも歩けなくはないですが、サムヤン駅の方が近いです)

準備しておいた方がいいもの

行く前にはどの予防接種を受けるかを決めておいて、メモしておくのがおすすめです。決めずに行って、ドクターがすすめてくれる内容で受けるのも可能ですが、専門用語を英語で聞いても普通分からないです。例えば下のような用語、知らずにいきなり聞いてもさっぱり。ですので最低限受けたいものを選んでおいてドクターに見てもらい、これで良さそうかチェックしてもらうのがいいと思います。

行く予定の地域や旅行スタイル、これまでの接種有無によって決めることになりますが、例えばこんな内容を受けることができます。

  • A型肝炎 Hepatitis A、B型肝炎 Hepatitis B、二種混合 Twinrix
  • 破傷風  Tetanus、ジフテリア Diphtheria、百日咳 Perussis、三種混合 Tdap Bootrix
  • 日本脳炎 Japanese Encephalitis
  • 狂犬病  Rabies
  • 黄熱 Yellow Fever

内容によっては1ヶ月後、半年後などに再度接種が必要なものもありますので、事前にスケジュールなどを確認しておきましょう。(同じ製品を他の国で接種も可)また海外で接種する場合は、日本国内では未承認のワクチンもあります。

行き方

MRTサムヤン駅の出口1番、または2番へ向かいます。1番は交差点の角、2番はモールの中に出ます。どちらから出てもOK。この辺りはチャムチュリースクエアという名前で、オフィス・モール・マンションが隣接している大きな複合施設になっています。

この建物の前にある道路は、ラマ4世通りです。大通りの向こう側には以前書いた、Too Fast Too Sleepやワット・フアランポーンなどがあります。ここをシーロム方向に5分ぐらい歩くと左手に「Queen Saovabha Memorial Institute」と書かれたサインが見え、守衛さんがいる入口が現れますが、普通にそのまま中へ。

そして正面に見えるこの建物が赤十字の病院です。ちょっと歴史のありそうな雰囲気。Googleマップでは1912年設立と表記されています。

受診の流れ

正面の入口から入って左側に用紙が置いてあるので、ここで必要事項を記入します。英語ですが簡単です。今までに受けたことのある予防接種にチェックを入れる欄などもあります。

書き終わったら記入台のすぐ後ろにある1番の部屋に、番号札を取って入ります。そしてこの部屋の中にも記入台と用紙があります。この用紙には今後行く予定の国や地域とその期間とかを簡単に書いていきます。書き終えたらこの部屋の中にある受付に番号札と一緒に渡します。あと初診料20バーツをここで支払いました。

ここの隣の部屋で血液検査を受けるよう言われる場合もあるようですが、私は今回これはありませんでした。肝炎などの受ける内容にもよるものだと思われます。

受付の手続きが終わると廊下に出て、向かいの4番の部屋に行くよう言われました。入ってすぐの受付で紙を渡します。ここには小部屋がいくつかあって、ドクターがいるブースと注射を打つブースに分かれています。最初にドクターのところに呼ばれます。超ベテランそうなおじいちゃんドクターが担当してくれました(有名)ゆっくりした英語で話してくれる優しい方でした。準備しておいたメモを見せて内容を打ち合わせ。

ドクターが紙に内容を記入してくれますので、それを同じ部屋の受付へ。そして正面入口すぐ右にある薬局で薬を購入してくるよう言われます。ここで1回目の今回払ったのは2390バーツでした。(来週2回目で再訪予定)内訳は、Medical and nursing service/50バーツ・Venipuncture charge/30バーツ・Laboratory service/900バーツ・SPEEDA/300バーツ/IMOJEV/460バーツ・Tdap/650バーツでした。

ワクチンを購入した後は4番の部屋へ戻って注射ブースへ。今回は左腕、左肩、右肩の3箇所へ打ちました。これは後で知ったのですが、朝食はきちんととっておいて体調の良い時に受けたほうがいいそうです。貧血で倒れる人もいるとか。私は朝食抜いてきてましたが、健康体の為か全然問題なかったです。

担当のスタッフの人は愛想はあまり良くなかったけど、注射上手かったです。ちくっとする程度でそれほど痛くありませんでした。注射する時にイタイ?と日本語で言ってたので、聞いてるのかなと思っていいやと答えてましたが途中で、これは聞いてるんじゃなくてイタイよと言ってる意味なのだと気づきました(笑)あとは次の日に少し筋肉痛っぽくなるぐらいで、これは普通なようです。重い副作用が現れるケースは、100−200万件に1件などで相当稀とのこと。

ひととおり終わると、このような小さな手帳とカードを渡されます。今回の予防接種のデータが記入されてますので、次回来院時にこちらを持ってくるよう言われました。

初めて海外で予防接種を受けましたが、初回無事終わりました。こちらの病院についてはネット上でも情報が多かったので、事前に調べておいて参考にすることができました。またスタッフの方も外国人の対応には慣れている様子でスムーズ。ちなみにスネークファームは隣にあるようですが、蛇に興味ないのでスルーしときました。

関連記事