旅してよかった世界の都市【その1】スイス・ベルン

ブログ名にTravelの文字が入っているので、今住んでいるバンコクだけでなく、これまでに旅行した世界の都市で訪れて良かった場所を、順不同で少しずつご紹介してみようと思います。

その1は、スイス・ベルンです。スイスというと、チューリッヒやジュネーブといった都市が有名なのですが、人口約13万人の小さな都市ベルンが首都です。知名度は少し低めですが、旧市街地は世界遺産に指定されている、緑に囲まれたとても美しい街です。それでは写真でご紹介します。

一般的なヨーロッパのイメージどおりの石畳の道と整った街並み。

家の草木もきれいにお手入れされています。さすが観光大国。

そして湾曲しながら街を囲むように流れるアーレ川。

天気によっても色の見え方が変わる、とても美しい川です。

上の橋の先は小高い丘になっているバラ園があり、市民や観光客の憩いの場に。旧市街地が一望できます。

バラ園では猫にも会いました。いいところに住んでるな~

ベルンの紋章にもなっている熊も有名で、熊公園もあるのですが、私が行った時は姿は見えませんでした。そういえば市内で見かけた、DC Bankの看板にも熊が載っていました。

フランス・パリからユーロスターで、一直線にアクセスも可能です。スイスに行かれる際は、ぜひ訪れて頂きたい都市です。

関連記事