バンコク・TCDCのライブラリを利用してみました

【追記】※ここのTCDCは移転の為、閉鎖となりました。新しい移転先は「Grand Postal Building」さらに大規模になる模様。2017年5月5-7日に、ソフトローンチと発表されています。参照:“Redefining the District”

エンポリアム・6階の、TCDC(Thailand Creative and Design Center)は、アート・デザイン関連の複合機関です。

Wikipedia / タイランド・クリエイティブ・アンド・デザインセンター

こちらには有料のライブラリがあるのですが、先日受付で話を伺ったところ、一日フリートライアルが可能との事でしたので、利用してみました。(利用にはIDカードまたはパスポートが必要です)

入口ゲートの先には、数万冊のアート・デザイン本が並んでおり、メンバーは自由に閲覧することができます。英語やタイ語の本に加え、日本語の本も少し見かけました。またオーディオライブラリなどの貸出も行っているようでした。


館内は撮影禁止なので、こちらの一枚だけですが、デザイナーズのチェアー(多分リプロダクト)やソファが各所に置いてあって、のんびり過ごすことができます。

また電源・Wifiも完備しているので、PCを持ち込んでいる人も多かったです。軽く音楽も流れていて快適でした。(かばんは手前の荷物預かりに預けますが、クリアーバッグを貸してくれるので、そちらに必要なものだけ入れて、中に入れます)

こちらを利用するには、年間利用料を払いメンバーになる必要があります。利用料は下記URLをご参照下さい。

TCDC Yearly Membership Fee Rate

http://www.tcdc.or.th/member/rates.php

タイ市民の学生は、大変安くこちらを利用できるようになっています。外国人でもワークパーミットを持っていたり、市民権を有している方は、年間であることを考えるとお安いと言えるかもしれません。ベネフィットについても、こちらに記載があります。

TCDC Membership Benefits

http://www.tcdc.or.th/member/memberbenefit.php

アート・デザインの学習に使用したり、本を読みながら休日を過ごしたり、コワーキングスペース的にクリエイティブな作業に利用したりと、色々な利用ができそうです。

若い人たちも多く利用しているので、この中からタイのデザイン界で活躍する人が出てくるのかなと思いました。

Opening Hours

Tuesday – Sunday (Closed Mondays),

10.30 a.m. – 9.00 p.m.

年間メンバーシップ制なので観光の方には向きませんが、バンコク在住の方には、面白い場所なのではと思います。

関連記事