ローマ・マルチェロ劇場

前回の記事の続きですが、遺跡ビューの家の方から下に降りてきました。

最初にいた地点を見ると、こんな構図になっています。正面の建造物は、オッタヴィーアのアーケードという遺跡でした。

遺跡について説明している看板。

近くにはシナゴーグも見えますが、この周辺の地区はユダヤ人街のようです。

そしてここにあるのが記事の表題、マルチェロ劇場です。日本語ではマルケルス劇場と表記されていることもあるようですが、イタリア語ではTeatro Marcello

小さなコロッセオに見えますが、こちらの方が先に建築されたそうで、紀元前11年頃の完成です。1万2000人が収容できる劇場だったとのこと。修復工事も繰り返されて、現代の姿になっています。しかも上の方には、今も人が住んでいるそうですよ!

写真では全体が写ってませんが、半円形というのも面白いです。実はヴェネツィア広場の記事で、ここマルチェロ劇場が写ってる写真があります。探してみて下さいー

辺りは石がごろごろしていたり、アポロン神殿の石柱が残っていたりします。

この日は天気にも恵まれました。今回劇場の中には入ってませんが、夏はここでコンサートも開かれているようです。遺跡でのコンサートとか、かなり素敵でしょうね。

しかしこれだけポツンと残っている、石柱もめずらしい・・ちょっと小さめの遺跡で好き嫌いは分かれそうですが、静かで街と共存している雰囲気が、私はいいなと思いました。

関連記事