ちょっとローカル感のあるモール「ターマハラート」(Tha Maharaj)へ

ターチャン(Tha Chang)の船着場から左方向(川沿い)に歩くと、10分位でターマハラート(Tha Maharaj)という船着場の辺りに着きます。ここにある比較的新しいコミュニティモールに寄ってみました。

この隣には小さなお店が連なる市場のようなエリアがあり、そこで友人がお店をやっているので遊びに来たついでです。2015年に出来たモールだそう。すぐ隣なので友人もランチの選択肢が増えたみたいです。

ツーリストボートは向こう岸のワンラン(Wang Lang)には停まりますが、こちらに来るには乗り換えが必要になるので、観光客はかなり少なそうです。

モール内の写真あまり撮ってない&相変わらず天気良くないですが・・・こんな感じの小じんまりしたモールです。※スタバも入ってるし、もうちょっとモダンなところもあって写真撮ってる人も多いです。

チャオプラヤー川沿いで歴史を感じる地区なので、超モダンすぎずこの位の方がフィットしてるのかも。←よく分からない説明 でも何となくゆったりというかのんびりした雰囲気なのは目の前が川だからかな。

リバービューのレストランもあります(何て分かりづらい写真!)これは観葉植物のディスプレイが面白いから撮ったんでした。ターマハラートで検索するともっときれいな写真が出てきます。

船を降りてるのもタイの方ばかりですね~ すぐ近くにはタマサート大学もあるので学生さんも多いです。それもあってここに建てたのかも。

風と波もよけられる仕様の船が泊まってます。ホテルかレストランかツアー会社の所有している船?

N10って書いてあるところの向かい側が、ここターマハラートです。船着場はN30とかまであるので、まだまだ上の方にたくさんあるんですね。いつか違うところにも行ってみようと思います。

帰りのボートの中から。よく見える大きなお寺ですが、写真で隣の建物と比較すると相当大きいのが分かりますね~ 隣の一軒家もかなり広そうですが、このお寺は高さも倍ぐらいありそうです。

BTSで乗り換えのサイアムで一旦降りました。若い人に人気のサイアムセンター。

噴水がちょうど上がっています。写真を見て、真ん中の一つだけやたら高く上がってるというどうでもいいことにまた気づきました。

夕焼けになりかけた空が建物のガラスに反射しています。スクンビットの大通り沿いは、チャオプラヤー川の地区から来た後は超モダンに見えるのでした。

関連記事