「ティンツ オブ ブルー」バンコクのお洒落なデザインホテル(その2)

前回(その1)では宿泊した”Bangkok Blue”という部屋の写真をたくさん載せた、ティンツ オブ ブルー レジデンス(Tints of Blue Residence)



Booking.com

共用部分の廊下もお洒落です、ホテル全体のセンスが良い!ここの窓から見える木々もまるで絵画のよう。

階段横のスペースもさり気なく飾られています。

壁にはit’s ART

ホテルの最寄り駅は、BTSアソーク駅とMRTスクンビット駅です。駅直結のターミナル21もおすすめ。ここからホテルへの道のりを書いてみます。

BTSと平行して通っている大通り、スクンビット通りをプロンポン駅方向に少し進むと、左にソイ スクンビット 27という道があるので入ります。

雨が降ったり止んだりの日でしたが、道中に綺麗なプルメリアが咲いてました。

途中でちょっと道が細くなります。

まっすぐ進むとT字路で正面にはカラフルな建物、ここで左です。

周りは大きな一軒家やアパートが建つ住宅地。この奥の左手にホテルがあります。

行き止まりのソイの奥なので、駅から歩くとやや遠いです。これが唯一のデメリットかも。暑い時は大通りにいるモタサイも使えます。ホテルからスクンビット通りまでは専用のトゥクトゥクが乗せていってくれます。タクシーで帰る時はカードの裏を見せるとスムーズ。

表にレジデンスと書いてあるように、HPを見ると長期滞在も可能なようです。写真は撮ってませんが、プールやジムもホテル内にあります。

受付の隣にあるカフェ・レストランも、モダンで雰囲気が良いです。ホテルの名前どおり、ブルーがアクセント。朝はこちらで朝食が取れます。

せっかくの海外だから普通のビジネスホテル風ではなくて、ユニークなホテルに泊まりたいって方におすすめです。デザイン・清潔さ・スタッフ・価格、どれをとっても素晴らしかったです。以上、ティンツ オブ ブルー レジデンスの宿泊記でした。



Booking.com