【現在はTuneTalkのみ】TuneNet!のSIMカードを使っています

【追記】※TuneNetの販売は終了したようです。現在はTuneTalkのブランドのみとなっています。 http://www.tunetalk.com/th/ 下は記事を書いた時点の情報です。

SIMカードを買い換えたのですが、結構快適なのでレポートしてみます。モバイルWifi・Huawei/E560+TuneTalk Simの組み合わせで使っています。何も設定をせずに、SIMカードを挿して、モバイルWifi機器側のパスワードを入れるだけで接続完了しました。

ここタイでは、SIMカードは多数の種類が販売されていますが、エアアジア・グループが展開しているTuneTalkは、おそらく今年販売を開始した、新しいSIMカードのサービスです。(マレーシアでは数年前から販売されています)

サイトではTuneUpなどもありますが、TuneNetは、ネット利用メイン・データ通信に特化したサービスのようです。私は音声通話は必要ないので、こちらを選んで利用しています。SIMカードはこちらのパッケージで、500MB・99バーツです。カラーもエアアジアのテーマカラー・赤です。

私はTerminal21・6階の、K Mobileで購入しました。気になる速度ですが、私の自宅は3G接続で表示され、購入した初日にiphoneで計測してみると、下り約4Mbsほど出ていました。

普通にネット利用するには問題なく、アパートのWifiより快適でした。また驚いたのは、BTSで移動中やMRTの中でも繋がっていたことです。バンコク中心部のみで使用していますが、場所によっては2Gに落ちたり、入らないところもありますが、概ね満足です。

以前はWimaxを使っていましたが、それに近い使用感です。日本の都市部でWimaxに比べると速度は落ちるかもしれませんが、日本の田舎でWimaxよりは速いと思います。

料金体系は、1G(200バーツ)と3G(400バーツ)です。探せばもっと安いサービスもあるかもしれませんが、結構お得ですよね??他のサービスはUnlimitedでも、1Gに達すると128kbpsに速度が落ちますよというパッケージもあったりしますが、こちらはそういった制限はありません。

私は500MBを最初に購入して、自分が一ヶ月に使用すると思われるデータ量を出してみたのですが、毎日使うので6GBは超えそうだという見積もりになりました。その場合でも一ヶ月800バーツで、そこそこ高速なモバイルネット環境が利用できます。

面倒な料金体系や契約は考えずに、とにかく簡単・快適にタイでネットを使いたいという方におすすめです。利用頻度などにもよりますが、海外旅行でタイに来られる方ですと、
2泊3日ぐらいなら、500MBでも足りるかもしれません。

また500MBを超えた時の、料金の追加(TopUp)ですが、こちらも簡単で、WEB上で完結できました。(もしくはコンビニでも可能)