久々の香港ヴィクトリア・ピークからの眺め

久しぶりにヴィクトリア・ピークにやって来ました。早速の写真は雲吞麺です(笑)ピークにあるお店ですが、本店?にニューヨークの人気シェフ/作家でもある若かりし頃のアンソニー・ボーディンも訪れた時の写真入り記事が貼ってありました。

ディスカバリーチャンネルの、世界を旅しながら各地の料理を紹介する番組、「Anthony Bourdain: No Reservations」をよく見ていたのでちょっと嬉しいです。雲吞麺は量は少なめですが美味しかったです。

軽食後は展望台に。この日は天気が悪くて曇り時々雨でした。(以前行った晴れてる時のピーク写真はこちら

でも実は今回ヴィクトリア・ピークが目的地ではなく、ここがスタート地点。香港4大トレイルの一つ、全長50kmの【香港トレイル】がこのピークから始まるのでついでに展望台にも上ってみたのです。

こちらも以前書いたドラゴンズバックは、香港トレイルの最終第8セクションになり、クライマックスにいきなり行ったかたちです。それでやはり第1セクションから制覇したいなと思い今回の旅に。4大トレイルの中では一番距離も短いですし~

ピークからの眺めですが、この高さのビルがこれだけの近さで密集してるのは、いつ見てもすごいなーと感じます。↓角度あまり変わってない

写真では伝わりませんが、この日は記録的な寒波で寒すぎる!香港で気温5度は普通ではないですし、風も強いので凍えそう。あまりの寒さでトレッキング前に、ヒートテックを買いました・・・

しかしこの寒さでもピークトラムは行列!展望台はさすがにいつもより人は少ないです。

ここから小さな山が見えてますが、この後ルガードロードを通ってあの山の向こう側をぐるっと回りこむようなルートです。

寒いですが前回のドラゴンズバック、30度超えの時よりは体力的に楽です。歩いていると少しは暖まってきますしね。

香港トレイルは香港島を縦断するルートなので、街と反対側も横切ります。

では次回はスタートからルガードロードを歩く行程を書きたいと思います。