ラオスの首都ヴィエンチャンに到着

ウドンタニからバスで、ラオスのヴィエンチャンにやって来ました。予備知識もあまりなく来てしまったのですが、首都ヴィエンチャンは高い建物がほとんどなく、のんびりとした雰囲気の、過ごしやすそうな街に思えます。

少ししか歩きまわっていませんが、タイ・ベトナム・中国・フランスの文化が混ざっているような印象の街並みです。日本人の観光客はあまり見かけませんが、欧米の観光客は意外に多いです。EUの観光NPOにより、「世界のベスト観光地2013」にも選ばれたとのこと。

物価も安く食事もおいしいですし、通貨はキープですが、USドルやタイバーツも支払いに使えます。(ドルやバーツは割高になります)ただトゥクトゥクは、明らかに外国人向け価格があります。※毎回交渉するのが面倒で、これがラオスで唯一残念な感じです。明日から少し時間を見つけて、歩いてみる予定です。