VPNサービスは海外でも安心の【Private Internet Access】がおすすめ

VPNとは?

VPNはバーチャル プライベート ネットワークの略です。簡単に言うとインターネットを利用する際に、セキュリティの高い仮想の専用線を利用して通信しているようなイメージになります。下はネットワーク機器メーカーでもある、YAMAHAのサイトで説明されている内容です。

VPN(Virtual Private Network)とは、インターネットに接続されている利用者の間に、仮想的な通信トンネルを構成したプライベートなネットワークのことです。通信経路を認証や暗号化を用いて保護することにより、第三者が侵入することのできない、安全なネットワークを構築できます。

VPNを利用するメリット

ではVPNを利用するメリットとは?私は現在海外に一時的に移住しているので、その観点から書いてみたいと思います。最初のポイントは日本在住の場合にも当てはまります。

  • ネット環境のセキュリティ強化

Wifiは普段の生活の中でも当たり前に使われています。でもセキュリティレベルの低い、Wifiも未だに多いです。特にFree Wifiなどは少し調べれば、通信を簡単にのぞき見られてしまいます。また一般家庭の回線と言えど、万全ではありません。特に出張の多い人や海外で色々なアクセスポイントに接続する人は、VPNを利用することで、セキュリティを高めることができます。これで完璧!になる訳ではありませんが、強化されるのは確かです。

  • 海外から日本のIPでアクセスすることにより、国内限定のWEBサービスを利用できる

VPNサービスによっては、日本のサーバーを指定して接続することができます。そうすることによって、例えばAmazonプライムの動画なども、国内にいるのと同様に視聴することが出来ます。日本で契約したAmazonプライムを海外で見ようとすると、かなり限られた数の番組しか見ることができないので、以前は困っていました。

また国によっては特定のWEBサービスを規制していたりしますが、そういった規制を回避することが可能な場合もあります。ある国では、Facebook・Youtube・Google・LINEなどなど・・・これもVPNを利用することで解決します。

Private Internet Access

VPNサービスにも色々な業者がありますが、私はPrivate Internet Accessを利用しています。VPNに特化したアメリカの企業です。今はタイ・バンコクに住んでいて、毎日PC・iPhone・iPad上でこちらのサービスを使っています。機器は1アカウントで5台まで使えます。登録は右上の今すぐ登録から。サイトは日本語対応しています。

機能について

機能については下の図に分かりやすく書かれています。インターネットトラフィックを暗号化、IPクロークにより匿名IPを使用、公共Wifiでも自宅のプロバイダー経由でも安全性とプライバシーを確保、旅行中も地理的な制約を受けないといった点があります。サービスの仕組みというページでも詳しく解説されています。

そしてPrivate Internet Accessの大きな特長として、トラフィックやリクエストのログを保管していないという点があります。ログ保管なしということは、ネット上での行動履歴を残していないので、匿名性がかなり高くなります。世界のVPNサービス提供企業の中でも、ログ保管なしのところは少ないです。

世界各国にサーバー

25カ国の3250を超えるゲートウェイサーバーを利用できます。接続するサーバは自動接続も出来ますし、接続先の国を選択することも可能です。帯域は無制限です。

有名企業も利用

ライフハッカー、ギズモード、ワイヤードなど日本語版もある有名サイト、ヤフーやフォーブスといった大企業も利用しています。またIT系の職種に就いている人たちの利用率も高いです。

価格もお得

他のVPNサービスと比較しても、サービスの内容に対して料金はお得と感じます。年間契約すると、1年で39.95ドル、1ヶ月あたり3.33ドルです。これで5台までデバイスを繋げます。もし満足できなかった場合は、7日間の返金保証があるのでこの間に解約すればOK。支払い方法は匿名にこだわる企業らしく、各種ギフトカードが使えます。他にはクレジットカードやPaypalも。

接続国の指定

下はMacのPCで、接続先の国を選んでいるところです。通常は自動接続にチェックを入れているので、起動してすぐにVPN化が完了します。自動接続でどの国に接続しているか確認したい時は、カーソルをデスクトップ右上のアイコンに持っていくと、国名と匿名で接続済IPが表示されます。海外にいて日本のサーバを指定したい場合など、下記のように選択が可能です。iPhoneでもアプリから簡単に指定可。

他にもWindowsのPCやAndroidスマホでも、もちろん利用できます。注意点としてはどのVPNサービスでも同様になりますが、元の回線速度が遅い場合、VPNを使うとさらに体感が遅くなるという点です。ある程度の速度が出ている場合は、全く使用していることを感じさせない位スムーズですが、上記のようなケースも起こり得ます。

無料のVPNサービスもありますが、接続が安定しなかったり、機密性が保証されなかったりしますので、やはり有料のサービスの方をおすすめします。国産のサービスでは、セカイVPNなどが有名です。こちらは月額1080円と、Private Internet Accessの年間契約より割高にはなりますが、日本語の情報は多いです。

私はサービスの質や使いやすさなど、Private Internet Accessで総合的に満足しているので、今後も世界中で使っていこうと思っています。

Private Internet Access 公式サイト